スポンサーリンク

「懲りないね…あんたたち」
「エル!それは例の処分をうけいれるということか?」
「ふん!ガゼが戦いの途中に逃げ出したなんて、そんなこと
あるわけないだろ!」

エルは、マキとおばあちゃん家族が住む村の詰所に来ています。
正確には呼び出されたのです。
エルはマキには見せたことの無いような剣幕で、詰所を仕切る兵団達に食ってかかりました。

エルの夫、ガゼは先のデヴィーチェ(6惑星間の大戦争)の時、
数えきれないほどの戦いのさなか、敵と交戦中に逃げ出した、
騎士の名に恥ず臆病者と、
村の標的になっていました。

ガゼ自身、その戦い以降姿を消したままです。

残されたエル達は、兵団に村の退去を要求されていました。

ガゼは元々、カルテアの星の3騎士の1人、アックスフォード家の
もとで仕えていた強い騎士。

スポンサーリンク

アックスフォードの家系の象徴は白い薔薇の花。
アックスフォード家の当主カイザ・アックスフォードは、
庭に咲いた白薔薇をガゼに与えたことがありました。

「みよ!ガゼ。今年も立派に咲いたわ」
「はっ!」
「お前も、私によく仕えてくれた。
私がカルテアの君に仕えるがごとく、真実と真心をもってな。
この白薔薇は、私がカルテアの君への心と同じじゃ。
お前にも、その心があるよう、これを授けよう」
「はっ!」

ガゼは嬉しさのあまり、家に帰ったとき、子供の様に喜び、
エルに話をしました。
幼いマキはそんなガゼに抱き上げられ、喜びました。
エルはそんなガゼを見て、庭で白薔薇を育ててみようと
思ったのです。

_______________________

「エル!聞いているのか!?」
「!」
エルはそんなガゼの事を思い出していました。

「懲りないのはお前の方ではないのか?」
1人の兵がエルに言いました。
「庭で何かしているようではないか!
アックスフォード様の名まで汚すつもりではなかろうな?」
「なっ!」
エルはあまりにもな言葉にあっけにとられました。

「………アックスフォード様を、汚すわけがない。
ガゼが逃げ出すわけがない………」
「それを証明できるか?」
「出来る………。ガゼが、花が教えてくれる!」
エルは心を決めました。

スポンサーリンク